« エシレのクレームエペ | トップページ | The Descendants »

Orphée et Eurydice

オペラ座でピナ・バウシュ作のOrphée et Eurydice オルフェウスとエウリディーチェを見ました。昨シーズンの「Sacre de Printmps」やヴェンダースの映画「Pina]をみてからピナ・バウシュ作品にとても興味がわいていたので楽しみにしていました。(・・・と思う人も多いのでしょうか、実際チケットの窓口販売の初日はけっこう待ち・・・あんまりいい席は買えなかった。)

バレエとオペラが融合した作品だったからでしょうか?お値段もいつもより高かったです

6 FÉVRIER 2012 À 19H30

Orphée(L'Amour) Stéphane Bullion/Maria Riccarda Wesseling

Eurydice(La Mort) Marie-Agnes Gillot/Yun Jung Choi

L'Amour(La Jeunesse) Muriel Zusperreguy/Muriel Zusperreguy

コンテンポラリーな作品だな・・・としみじみ思いました。現代美術作品が舞台上に現れた、というか。そして、オペラのことはまったくわかりませんが、歌の力、表現力・・みたいなのを実感しました。舞台が遠かったから(ダンサーがあまり見れなかった)かもしれませんが。

振り返ってはいけないよ、と言われていたのに振り返ってしまったオルフェウスのギリシア神話(だよね?)のお話をもとに作られている作品ですが、ストーリー云々はともかく、作品から受ける力強さが印象的でした。

こちらのサイトでフランス語でけど記事と映像が見られます Culturebox

Dscf8537

Dscf8527

« エシレのクレームエペ | トップページ | The Descendants »

Theatre」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Orphée et Eurydice:

« エシレのクレームエペ | トップページ | The Descendants »