« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

Tulipe

Dscf0316
季節的にチューリップ。切り花としてのチューリップは難しい・・・と思いました。

Dscf0327
現在私の部屋はめずらしく植物が多い。

Graines d'étoiles

楽しみにしていた、パリオペラ座バレエ学校300周年ガラTRICENTENAIRE DE L'ÉCOLE FRANÇAISE DE DANSEのテレビ放送。大階段とかお花でかざれられていたりして、見に行きたかった・・・そして、ついでにいろいろなバレエ学校出演のガラの方も放送してくれるといいのに・・・

バレエ学校の生徒たちの作品が多かったガラでしたが、その前にバレエ学校のドキュメンタリーを先週と今週で見てきたので、見方もちょっと変わりました。そのドキュメンタリーで見てきた生徒さんもちらほらいたり。おばさんは若い子たちががんばっている姿に弱いのよ・・・

Dscf0322
DVDも発売されているそのドキュメンタリーGraines d'étoilesですが、先生たち(往年のエトワールとかもいるんですね)が熱心で熱心で。確かに、こんな生徒だったら先生もやりがいがあるだろうな・・・・

TROISIÈME SYMPHONIE DE GUSTAV MAHLER

パリオペラ座バレエ

24 AVRIL 2013 À 19H30

Florian Magnenet /Dorothée Gilbert /Agnès Letestu /Mathias Heymann /Audric Bezard Stéphanie Romberg /Yann Saïz / Nolwenn Daniel/ Christophe Duquenne /Mélanie Hurel / Alessio Carbone

Dscn1344
バスティーユの劇場でコンテ・・・見に行こうか少し悩んでいたけど、行って良かったかも。そんなにいい席じゃなかったけど、楽しめました。ノーマイヤーの振り付け、素敵ですね。マーラーの音楽もはじめてじっくり聞いたかも・・・(これでオケが良ければ言うことなしですが)

Dscn1352
やはりマチアスが見れたのがうれしかった。久しぶりにドロテとアニエス。オードリックがいいなと思いました。マニュ君も最初の方大丈夫かしら・・・と思ったけど、悪くなかったと思う。(でも実際のところだれがだれかわからない部分も・・・)

Lis

気温が下がるって知っていたけど、今日は思ったよりも寒かった。着ていくものも困るし、コートとかまだしまえないなあ・・・

Dscf0312
まだ咲いていないユリを買ってたのですが、最近開花して、ユリって香りがけっこうするんですね~。1本2ユーロ(1本単位で買えるマルシェ発見)で10間くらい楽しめるのかな。最近鉢物も枯らさないで来ているので、いい感じです。今週はすずらんかな・・・時期的に。

L'écume des jours

Ecume_20des_20jours_4
最近これといった見たい映画(新作。古い映画はいくつかみたいのもあるのだけど)がなかったのですが、ゴンドリー監督のL'écume des jours は楽しみにしていて、やっと見てきました。

原作は未読なので、原作がどういう話なのかはわかりませんが、ミシェル・ゴンドリー監督の映画でそこに描かれる世界は無茶苦茶私好みでした。手づくり感のあるオブジェとかね・・・個人的にはレ・アールで待ち合わせして、雲の乗り物みたいなのに乗るシーンが一番心ときめきました。あの辺でロケとかしたんでしょうか?

そして、ロラン演じるロマン・デュリスが久々に好きな感じの役どころだった!最近の彼の演じる役どころは私的には「うーん」って感じだったのでうれしい。たぶんロランが繊細な男性だと思うのですが。お話自体は悲恋ものなので見終わった後は複雑な気持ち。

時間があればまた見に行くかも。DVDはもちろん買うのでしょうね・・・

こっちの予告で使われている、THE LUMINEREの「HO HEY」が最近のかなり気になる曲です。

晴れ・晴れ・・・・

Dscf0306
昨日の朝の空。

昨日今日と太陽!気温も上昇!な天気です。日差しがあるのはうれしいけど、直射日光は私には少しきつい・・・

こんな天気だとグラス(アイス)が食べたくなってきますね。

Pissenlit

春の味。Dscf0290

タンポポの葉。苦め。サラダとかおひたしとかしか食べ方がわかりませんが、春だ、旬だ!日本では土筆はつんでもタンポポはつんだことはなかったな・・・そもそも食べたことないと思う。

Dscf0289
最近はまっている日曜日のわりと早起きしてマルシェ。気になるものを少しづつ買って試しています。

Tabou

Tabou_202012かなり評判が良かったらしく、(たぶん)ミニシアター系の映画館で細々と(午前中1回だけとか)上演されていて、私も気になりつつ・・・タイミングを逃していたけど、やっと見る機会が来た!

ちなみにタイトルとポスターを見た時は、環境問題系のドキュメンタリー?とか思ったけど、白黒ポルトガル映画でTabouというのはたぶん地名。ワニは映画の中にまあまあ重要な感じで出てくるのかな・・・

リスボンで一人暮らしの中年女性の隣に住んでいる老婦人(黒人の家政婦と住んでいて、時々おかしい)。その老婦人が危篤になった時に探してほしいと頼まれた一人の男性。その男性は老婦人と若いころ、アフリカの地で不倫と殺人をしてしまった・・・という過去がある。ということを1部と2部にわけて語っている映画。

その二人の若いころのシーンで男性の方の役者さんがかなり美男!女性の方はそうでもない・・・?(それは私の好みじゃないのかもしれないというだけかも)けど、脱いだらすごいんです、みたいな女優さんで、アフリカの何もないところでそんな二人が出会ったら過ち犯しちゃうのかも・・・・という映像でした。過去の過ちでその老婦人は年老いた今、こんな境遇でさみしく生きて行かないといけなかったのかなあ・・・と思うとなんともですが。ただ老婦人は隣に住んでいる女性にかなり迷惑かけていたんじゃないのかなと思われるのですが、それでも彼女は老婦人のためにお祈りをしてあげたりしていて、なんというかそういう風にしてあげられるものだろうか・・・とか、そんなことを思ったりもしました。

白黒の映像がきれい。

Grande Master

The_20grandmaster
ウォン・カーウァイ監督のアクションもの?ぐらいの知識で見に行った映画ですが・・・最初本当にアクションもの・・・?という感じに話がよくわからなかったのですが、もしかして本当の話かな・・・?と思ったら、実在したイップ・マンという武術家(ブルース・リーの師匠・・というのは本当だろうか)という話みたいです。

イップ・マンにトニー・レオン他にチャン・ツィイーとか。たぶんスタントとか使ったのだろうけど、俳優さんたちの格闘シーンは素人目にはすごい訓練したんだろうな・・・・という感じでした。アクションシーンも含め、映像はさすがにきれい。

ウォン・カーウァイ監督の前の作品また見たくなってきました。「恋する惑星」とか今見たら感想とか変わるような気がする。

また植物園

Aちゃんがコメントをしてくれたのもあって、出勤の時に5区の植物園によってみました

Dscf0276

この日は微妙な天気。日曜日に咲いていた木はかなり葉桜ぽくなり、まだつぼみだった桜が満開でした。

Dscf0274
こっちは違う木。なんというか・・・ぽっちゃりなお花達。

Dscf0283

お約束的なのか・・・木の下に子供。

Dscf0278

Dscf0277

そして彼らの写真を撮る大人たち・・・(この日は平日だったためか、おじいちゃんおばあちゃんでした)

Dscf0284
この花はなんという表示だったかわからないのですが(植物園なので植物の明記があって勉強になる)、桜(Cerisier du Japon)って書いてあるけど、Prunus(サクラ属)という表示の木がありました。わりと大まかな分類なのかな・・・

Dscf0287_3
鴨がいました。隣は動物園だけど、野生?

Des gens qui s'embrassent

20480658_jpgr_160_240b_1_d6d6d6f__2
ZefとRoniの兄弟とその娘たちの話で、ZefにÉric Elmosnino、BoniにKad MeradそれにMonica Bellucci(Boniの妻役で、お金持ちのちょっと何も考えていないマダム・・・みたいな役柄がすごい似合っていた)Lou de Laâgeなど出演陣がわりと豪華。Lou de Laâgeはやはりかわいい・・・が濃い化粧とかはあまり似合っていないかも。

Lou de Laâge扮するZefの娘Nogaが好きになってしまう男性がいとこのBoniの娘の旦那だったのですが、私的にはちょっと特殊な状況だったといえ、好きになっちゃうかな・・・?という感じの相手役の俳優で、ちょっと不満・・・(でも彼は他にも封切された映画があるので人気なのかしら?)Lou de Laâgeがかわいいから、それにいとこのMelita役のClara Ponsotも美人なのでそういうう風に感じたのかも・・・

話的にはまあ、おもしろかったけど、最後があれ?って感じでした。

La Maison de la Radio

Maison_20de_20la_20radioフランスの公共ラジオ局、ラジオ・フランスのドキュメンタリー。

Nicolas Philibert ニコラ・フィルベールの新作。

16区に大きなラジオフランスの建物があって、そこで主に撮影されたのかな・・・・?という感じですが、ラジオ局で働くいろいろな人たち(外での取材も)が映し出されていて興味深かった。日本の地震のことを報じているシーンもあったので、2年前くらいの撮影なのかな。

ラジオ・フランスはいくつかのチャンネルを持っていて、フランス語の勉強にはラジオを聞け!と言われていてニュース専門のFrance Infoとか昔時々聞いていた。France CultureとかFrance Interは難しかった・・・。

今はクラシック(ジャズも?)のFrance Musiqueと地方によって違うローカルラジオFrance Bleuを時々。

昔から仕事中にラジオがかかっているのこととかあったので、仕事中にラジオ・・・・というのはわりと好きです。個人的にはもし一人で仕事とかなら、ラジオを流して(ちゃんと聞いているわけではないけど)いて、人生相談とか聞いちゃうのもいいなあ・・・

季節到来

今年初の白アスパラ~

Dscf0268
1束で2.5ユーロだったので買ったのですが、細めだから安かったのか・・・ともかくおいしくいただきました。

Cerisier

Dscn1285
日曜日のいい天気&気温。せっかくだから散歩を・・・・と、5区の植物園まで。

Dscn1311花とか咲いているかな・・・・と思ってきたのですが、芝生のあたりに植えられている花とかはまだ咲いていなかったけど、桜は咲いてた~!

Dscn1291

Dscn1293_3
このあたりだけ、みんな写真撮影。

Dscn1298_2
この桜はもう咲ききってしまった感じだったけど・・・日本で見かける桜に近い気も。

Dscn1308_2

この白い桜は枝ぶりが下にさがっていて独特だな・・・と思いました。

Dscn1309
桜と私で写真をとっている人たち多かった~これは万国共通なのですね。

Dscn1312_3

しだれ桜みたいなのはこれから・・・という感じ。また来ようかな~

Dscn1319
桜の木の下でたわむれる子供たち・・・日曜だから、家族連れ多し!(子供の写真を本格的カメラで撮る父親の姿も・・・)

待ちにまった

数日パットしない天気の後の快晴、そして今までの寒さがうそみたいに気温も上昇。しかも日曜日。

Dscn1328フランス人わかりすぎ・・・

Dscn1279


Hôtel de Crillon

Dscf0193_3パリ・コンコルド広場にあるホテル・クリヨンが改装のために2年間閉館するらしいのですが、その改装費をまかなうためにホテルの家具やらワインなどをオークションにかけるそうで、ただいまそのオークション向けの下見のために一般公開中らしいです。

職場の近くなので、この前を通った時にけっこうな人が並んでいてそのことに気がついたのですが、名門ホテル(しかも改装してしまう)の中を見られるなんてめったにないチャンス・・・と私も見学してきました。

30分くらい入るのに並んだかな…

思っていたよりも、かなり素敵で(美術館とかお城内部とかみたい)写真をけっこうとったのでまあまあ良くとれているものをアップしたいと思います。

続きを読む "Hôtel de Crillon" »

Il fait beau.

いい天気!

Dscf0267

新しいパティスリー

今週は何かと忙しくて疲れた・・・日曜日・パリルーベ(朝一だったけどテンションはあがっていた)、月曜日・レセピセをもらいに行かなくてはならなくなり(更新はまだ先)、プレフェクチュール。先週行ったらすごい人で9時から16時まで並んだけど!結局だめで、その日は始発で行くことを決心。朝6時から並んで9時に始まるのだけど、朝一だったので10時ころには無事終了・・・。その日は他にもいろいろすることあって、それでか火曜日はぐったりつかれてしまって、午後からの仕事まで何もできず。水・木・金曜日は一日シフトで朝から晩まで、今日の土曜日は午後番なのであさはたらたらしています。やっと休みだ~。明日は天気が良さそうなので、早起きしてマルシェとかがんばりたいなあ。

1週間がんばった・・・というわけではないけど、思い立って先週オープンしたばかりの日本人パティシエのお店に休憩中寄ってみました。

Dscf0190
地元静岡清水町でナチュレナチュールというお店をしている、吉田さんのお店です。

Dscf0192
ピスターシュとフランボワーズのサントノーレ。ケーキはけっこう強気なお値段。パリ値段かなあ・・・ショコラをいろいろ試食させてもらった。クロワッサンおいしかったので、ヴィエノワズリーまた買いに行きたいけど、7区なので仕事の帰りとか休憩中とかじゃないとなかなか寄れないかも。

MORI YOSHIDA 65,avenue de Breteuil 75007 Paris



ガリバーのディナー

今日はちょっとだけ豪雨だった・・・

昨日のせた写真の続き・・・?Dscf0181
Le Diner de Gulliver というタイトル。確かに。

Dscf0184
植え込みのお花が春っぽいな・・・

Dscf0186_2

春眠

眠くて眠くてしょうがない・・・確かにすごいたくさん寝ているわけではないけど・・・春だから?(今週末はいい天気&気温も上昇予報)

Dscf0180

さてこの写真は遠近法とかではなく、巨人サイズのテーブルセットが登場していたのでとった写真です。アートぽいのですが、これ作るのにいくらかかるんだろう・・・などと思ってしまう私・・・

Lille

以前Braderieで来た時はお祭り状態だったので、街中の印象がすごく違った。

Dscn1198
北のほうだから、ブリュッセルとかベルギーの建物に似ているような・・・

Dscn1232

晴天。朝方でまだ寒い。

Dscn1233
日曜日の朝。いるのはツーリストくらいかなあ・・・?本当はもうちょっと観光とか日曜日の大きいマルシェとか行きたかったけど、そんな時間もなく。

新しくできたルーブルの別館がこっちの方なので、それとセットでまた来たいかも。

Dscn1239
Nord Pas de Calais地方って貧しくて・・・みたいなイメージが映画とかみているとあるのですがどうなのでしょう?

Meert

Dscn1206_2Lilleに寄ったので、Arenbergに行く前にダッシュで以前リールのBraderieに行った時には入れなかった老舗のパティスリーMeertのサロン・ド・テへ!

Dscn1211
Meertのスペシャリテ(だと思う)のゴーフル(このあたりの地方の銘菓的なお菓子で、うす焼きワッフルに日持ちのするタイプのクリームが挟まれていてしっとりし)とカフェの朝食のセットがあったので、もちろんそれを注文。ショコラも着いてきた。これで5ユーロ、お得。

Dscn1203

Dscn1205
ショーウィンドもいい感じ。

Dscn1215
ケーキもおいしそう。

Dscn1217_3

ヴィエノワズリーも・・・

Dscn1222_2
買わなかったけど(以前エクレールを買ったことある)。

その代わり、サロンで気になっていたトロペジェンヌを購入。ブリオッシュとかパンオレみたいなやわらかいタイプのパン(ヴィエノワズリーと言うべきか)でバニラたっぷり、オレンジフラワーウォーターがふわっと香るクレームパティシエールがたっぷり挟まっていました。

Dscn1236

けっこうずっしりだったけど、おいしくて一気に完食。

Paris roubaix 2013

フランスにいる間にしておきたいことがあることのひとつに自転車レースのパリルーベ観戦があります。毎年、行きたいな~と思うのですが、日曜日休みがなかなかとれなくて行けていなくて、でも今年は休みが取れそう、そしてもしかしたら最後のチャンスかも・・・と思って、とりあえずパリ・リール間のTGVのチケットだけ予約。どうするかはその時に決めよう・・・と思っていて、ゴールのヴェロドームに行くか、パヴェ(石畳)のコース(このレースはパヴェのコースがたくさんあって、完走するのも大変といわれている)の有名どころアランヴェールArenbergに行ってレースを観戦するか?と悩んだけど、やはりアランヴェールに。

Lilleについてアランヴェールの最寄りの駅のWallersワレスまで電車移動、そこから20~30分歩いたところにコース出現。多くの観戦者はこのあたりの人か、もしくは車で来るか・・・で電車の人は少ないけど、当日はやはりいて(大体が外国人・・・)、彼らについていけばなんとかたどり着けるだろうと思っていたら、その通りでした。そしてその時に出会った日本からこのレース目的で来た女性がいたので一緒に観戦しました。

Dscn1241
こんな感じの森の中のコース。

Dscn1250
石畳。星5つのこのコースで2400M。ここを走るの大変そう・・・

Dscn1254
この日はいい天気!だけど、車やバイクが通った後はすごい砂ぼこり!!

Dscn1261
着いてから1時間くらい待ったのかな・・・ヘリコプターの音。そして来た!

Dscn1262
テレビ中継とか見れればだれが来ているとかわかって良かったのですが・・・スマフォも持っていないので、どんな状況かわからず少し残念。
Dscn1263
普通の平坦のコースよりはゆっくりだったけど、やはりあっという間に行ってしまった。

Dscn1268
選手はかなりつらそう。プロトンとかチームカーが行ってしまって、別府選手わからなかったね・・・と言っていたら、後からのグループにいて少しびっくり・・・(残念なことにリタイアしてしまったみたいですが)。けっこう遅れてくる選手などもいたり、棄権した選手をのせたバスが最後に走ってきたりしていて、本当に大変なレースなんだ(ワンデイレースだけど)と思いました。

Dscn1272
ところで、このレースはパヴェの区間でやはりパンクなどのアクシデントが多かったりするそうで、チームのサポートが近くにいて替えのタイヤがすぐある状態ならいいけど、そういう場合じゃないこともあり、そのために自分のタイヤホイールを使ってもらえるチャンス、とタイヤを持って観戦している人たちもいると聞いたことがあったけど・・・・本当にいました!

Dscn1248
この人はたぶんどこかのチームのサポートの人。

選手や車とか行ってしまった後に、アランヴェールのコースの入り口のところまで歩いていったら、その辺はすこし賑わっていました。

Dscn1274
France3のテレビ中継を映している大きなスクリーンとかあって。

Dscn1275
みんなビールとか飲みながら観戦中。日曜日の昼下がり。いい感じ。このワレス(Wallers-Arenberg)の町は、この日が一年に一度賑わう日・・・とかそんなかんじなのかな・・・

Dscn1276
まだ寒かった日でしたが、日差しもあり、砂ぼこりに舞う乾燥した日だったのでビールおいしかったなあ~

QUARTET

Quartetカルテット!人生のオペラハウス

現役引退した音楽家たちの老人ホームで開かれる、ヴェルディ生誕記念ガラとそこに出演する・しない・・・の四重奏の男女4人のドラマ、というところ。

名前は知らないけど聞いたことある曲が多くて、クラシックはやはりいいなあ・・・と思った。

映画の見せ場は主にクラシックだけど、いろいろな音楽の演奏(出演しているのが往年の演奏家や歌手など)だけど、そこに老いとか男女間の・・・とかあったと思う。

魚の卵

節約中だからか、手づくり生活。

気になっていた、魚の卵をマルシェで試しに買ってみた。たらこ、かなあ・・・

Dscf0167Dscf0169


塩漬けにしてみたけど、少ししょっぱい。でも白いご飯といただきました。

基本半割玄米みたいなのを食べているのですが、普通の白いお米(日本米みたいな丸いタイプ)はやはりおいしい~

うさぎのショコラ

数日前のおやつ。パックの翌日には半額になっていた・・・売れ残り・・・うれしいけど、なんか悲しい。

うさぎかわいいのか、かわいくないのか?

Dscf0168
今週は週のはじめからバタバタしていて・・・すでに疲れた。そしてその煩わしいことは来週にも長引きそう・・・

Cloud Atlas

Cloud_20atlas
クラウド・アトラス

2012年のSFドラマ映画。2004年に発表されたデイヴィッド・ミッチェルの小説『クラウド・アトラス』を原作とする。映画は19世紀から文明崩壊後までの異なる時代に舞台を置いた6つの物語をグランドホテル形式で描き、キャストは一人につき複数の人物を演じ、各エピソードにより主役が脇役を演じ脇役が主役を演じるという、複雑な手法が取られる。(ウィキペディアより)

どういう映画なのか少し調べて見に行ったので、ストーリーはわかったけど、知らずに見に行ったらよくわからなかっただろうな・・・

172分の長い映画だったけど、飽きずに見れた!というかこの話ではこの俳優がこの役をやっている、というのを踏まえてもう1回みたいかも。できれば日本語字幕で。

ペ・ドゥナが出ている、というのも興味深いけど、個人的にはベン・ウィショーが今回もはまりどころです。

長いほうの予告の方が映画のおもしろさがわかるかも。

Les Amants passagers

Les_20amants_20passagers
ペドロ・アルモドバル監督の最新作。

私の語学力がもっとあれば、もっと楽しめたのかな・・・かなり残念。アルモドバル監督らしい色彩感は今回も楽しめましたが。

こんな飛行機乗りたくないなあ・・・と私だったら思うのですが、普通の状態だったら、まともなのかなあ。

Jappeloup

Jappeloup1988年のソオルオリンピックで金メダルを獲得した、馬術の障害飛越競技の騎手、Pierre Durandの映画。Jappeloupは彼の馬の名前。

若いころからこの競技を父親の援助のもとに続けていたけど、弁護士の道に進み、けれどもやはり選手として道に戻り、その後いろいろ挫折とか苦労とかもありつつ、周りの人々に支えられて、ついにはオリンピックで金メダルをとるまでの、すごい分かりやすい映画ですが、良かった~こういう普通に分かりやすく感動できる映画って久々かも。

実話とはしらずに見に行ったのですが、途中からもしかして実話?と気がつきました・・・

けっこう試合のシーンが多かったのが良かったかな。なんといってもこの競技のことはまったく知らないので。

主役のPierre DurandをGuillaume Canet、その父親にDaniel Auteuil、奥さんにMarina Hands。キャスト的にはけっこう豪華。

パックの次の日は祝日

今日はいい天気でしたが、風が強かった。なんとなく、冬の晴れた日曜日を思い出しました。
1364847232955.jpg

Abri

いつものYさんと食事。日本人の方が昨年オープンしたレストランで、けっこうな人気だそうです。予約は次の月の分しか受け付けてないそうで(毎月1日から予約開始)、もちろん1日に電話をかけました。

お店はレストランというか、日本にあるいい感じのカフェみたい。

夜は38.50ユーロのコースのみ。

Dscn1189

タイだったかスズキだったけかな・・・(すみません)白身魚のカルパッチョ。端の方がちょっと乾燥してて残念。

Dscn1190
ほたて。パネのピュレおいしい。

Dscn1191
ポティロンのスープ(だったと思う)

Dscn1192

お魚

Dscn1193

子羊。どちらも焼き加減よくておいしかった。アニョーはくせもなくて、私には食べやすかった。

Dscn1195
ショコラのガトーとほうじ茶のソルベ。Yさんいわく、ショコラの方を先に食べてしまうとソルベの味があまりわからない・・・らしい。私は最初ソルベの味見したのでほうじ茶みたいな焦がしたような味がしました。おいしかった。

Dscn1196

カフェでしめ。

スタッフ日本人ばかりだと、話していることが筒抜けぽくて、コソコソ話さないといけなかったのが・・・席を遠くの方にしてもらえばよかったかな・・・

お昼にはカツサンドがあるらしいです。気になる。






« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »